川内1号機に核燃料搬入=来月再稼働へ最終段階-九電

 九州電力は7日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に向け、原子炉に核燃料を入れる作業を始めた。4日間かけて計157体を搬入し、核分裂反応を抑える制御棒など安全設備の検査を行う。九電が目標とする8月中旬の再稼働に向け、準備は最終段階に入った。

 核燃料は原子炉建屋に隣接する燃料建屋内の貯蔵プールに保管されている。九電は7日午前、クレーンの動作確認を実施。作業手順を確かめた上で同日午後1時40分ごろ、プールから核燃料を1体ずつ、つり上げる作業を始めた。  核燃料は原子炉建屋内の臨時プールに運ばれた後、原子炉容器に搬入。24時間態勢で作業を続けて1日40体ほど入れ、10日に終える。九電によると7日午後8時までに、13体の搬入が終わった。放射線を防ぐため、一連の作業は水中で行われる。  川内1号機は2011年5月、定期検査のため停止。核燃料は最終的に、13年1月に原子炉から運び出されていた。(2015/07/07-22:12)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved