汚染水、排水路に漏れる=福島第1、港湾へ-東電

 東京電力は29日、福島第1原発で放射能汚染水を移送中に一部がホースから漏れたと発表した。漏えいした汚染水は側溝から排水路へ流出したとみられ、直接外洋に出るのを防ぐため、東電はくみ上げて港湾に排出している。  東電によると、29日午前10時10分ごろ、3号機タービン建屋に汚染水を移送中の耐圧ホースから漏水しているのを、協力企業の作業員が発見した。このホースは側溝に敷設されており、側溝は排水路と結ばれている。  移送されていたのは、過去にためていた汚染水が漏えいした地下貯水槽近くの測定用井戸などからくみ上げた水やタンクせき内にたまった汚染雨水を濃縮したものなど。放射性物質濃度は分かっていないが、比較的高いと見込まれるため、高濃度汚染水がたまっている3号機タービン建屋に移送されていた。  排水路を流れる水の分析で、28日採取分ではストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり1200ベクレル検出されており、27日と比べて41倍に上昇していた。29日も最高で同1400ベクレルを測定。今回の漏水との関係について、東電は「調査中で、現時点では分からない」と話している。(2015/05/29-20:25)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved