官邸ドローン事件 「9日に飛ばした」逮捕の40歳男供述 出頭時は迷彩服姿

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、威力業務妨害容疑で25日に逮捕された福井県小浜市青井、無職、山本泰雄容疑者(40)が、「4月9日午前3時半ごろにドローンを飛ばした」と供述していることが分かった。  警視庁は25日午後にも、身柄を捜査本部のある同庁麹町署に移送し、詳しい動機や共犯者の有無について調べを進める。  警視庁によると、山本容疑者は「昨年12月にも官邸にドローンを持っていったが(飛ばすのを)やめた」などとも供述しており、警視庁で裏付けを進める。山本容疑者は出頭時に「原発政策に不満があった。俺が官邸にドローンを飛ばした」などと話していたが、逮捕容疑の認否については無言だったという。警視庁は否認ではないとしている。  山本容疑者は24日午後8時ごろ小浜署に上下迷彩服姿で出頭した。出頭時にはドローンのコントローラーのようなものと砂を所持。砂については「福島の砂だ」と話し、ドローンに搭載した容器に入れていたと説明していた。  22日に発見されたドローンには、微量の放射線が測定され、放射性セシウム134と137を検出。放射線を示すマークのシールが貼られた茶色い容器には砂が入っていたことが、24日までの警視庁の調べで判明していた。だが、山本容疑者の出頭時には、容器の具体的な中身については明らかにされておらず、警視庁は、犯人しか知り得ない秘密の暴露にあたる可能性もあるとみていた。  逮捕容疑は、今年3月22日から4月22日までの間、首相官邸屋上に放射線を示すマークが印刷されたシールを貼った容器などを搭載したドローンを何らかの方法で放置し、官邸職員にドローン発見時の対応を余儀なくさせるなど通常の業務を妨害したとしている。産経新聞 4月25日(土)9時45分配信

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved