指定廃棄物処分場、千葉市の東電施設が候補 環境省検討

 東京電力福島第一原発事故で汚染された指定廃棄物の処分場建設問題で、環境省が、千葉市の東電施設内を候補地とする方向で検討していることが17日、わかった。正式に決定すれば地元に伝えるが、東電側が同意するか不明という。  千葉県では昨年4月の首長会議で、国や県の土地以外に民有地も対象とすると決めた。今回、約5千カ所から選定基準に従って絞り込んだ。  候補地として検討するのは、東京湾岸の工業地帯にある千葉火力発電所(敷地面積76万平方メートル)の一部。市街地への距離は2キロ以上あり、水源地も遠い。東電から土地を買うか借りるかして処分場を建設したい考えだ。意向を聞く書面を送っているが、東電は態度を明らかにしていないという。  指定廃棄物は1キロあたり8千ベクレル超で12都県にあり、国は千葉を含む5県で処分場を新設するとしている。すでに候補地が公表された宮城や栃木県では、地元自治体の反対で計画が頓挫している。反対には「東電敷地で処分すべきだ」との声もあるが、環境省幹部は「千葉の件はその議論とは無関係。基準に従って選んでいる」と説明している。(奥村輝)朝日新聞デジタル 4月18日(土)8時54分配信

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved