汚染雨水流出で調査=福島県など、第1原発で

 東京電力福島第1原発で汚染雨水が排水路から外洋に流出していた問題で、福島県や周辺自治体などでつくる廃炉安全監視協議会は27日、現地で流出経路などを調査した。東電が排水路の放射性物質濃度を公表していなかったことについて、県の担当者は「意識の改善が図られていない」と批判し、速やかな情報公開を改めて要請した。 対応した小野明所長は「公表の遅れは否めず、大いに反省する。(情報公開に)鈍感になっていた」と謝罪した。(2015/02/27-18:13)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved