デンマークで発砲、4人死傷 ムハンマド風刺画家出席

 ロイター通信によると、デンマークの首都コペンハーゲンで14日、表現の自由に関する会合が開かれていたカフェで発砲事件があり、市民1人が死亡し、警官3人が負傷した。会合にはイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を描いたことがあるスウェーデン出身の画家ラルス・ビルクス氏や駐デンマーク仏大使が参加していたが、2人にけがはなかったという。 同通信によると、ビルクス氏は2007年にムハンマドを犬にたとえた絵を発表し、イスラム過激派組織から脅迫を受けていたため、治安当局が厳重な警戒を敷いていた。犯人は複数で、発砲後に車で現場から逃走したという。 英BBCによると、犯人は(英語ではない)外国語で叫んでいたといい、目撃者の情報として「少なくとも30発の銃声が聞こえた」などと伝えた。(ロンドン=渡辺志帆)朝日新聞デジタル 2月15日(日)1時53分配信

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved