<「イスラム国」>後藤さん殺害か動画公開 政府は確認急ぐ

 【カイロ秋山信一】イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)とみられる犯行グループは日本時間2月1日午前5時ごろ、仙台市出身のジャーナリスト、後藤健二さん(47)を殺害したとする新たな映像をインターネット上で公開した。日本政府は事実関係の確認を急いでいる。ISが拘束していたヨルダン軍パイロット、モアズ・カサスベ中尉の安否は明らかではない。ISは、ヨルダンで収監されているISの前身組織メンバー、サジダ・リシャウィ死刑囚を早期に釈放するよう求めていたが、ヨルダン政府は31日までに釈放しなかった。ISは、後藤さんと共に拘束していたとみられる千葉市出身の軍事関連会社経営、湯川遥菜さん(42)も「殺害した」としており、一連の人質事件は最悪の結末を迎える公算が大きくなった。  映像は約1分間。20日に投稿された映像と同じようにISの広報部門のロゴマークが入っていた。日本政府へのメッセージとの表題で、オレンジ色の服を着て、後ろ手に拘束されてひざまずく後藤さんと、黒ずくめで覆面姿のIS戦闘員とみられる男が登場する。  男は「我々の戦士は血に飢えている。安倍(晋三)首相が勝てもしない(ISとの)戦争に参加するという決断を下したせいで、ケンジを殺すことになった」などと殺害行為を正当化し、手にしていたナイフを後藤さんの首元に突きつけた。さらに「我々はどこであろうと、日本人を見つければ危害を加える。日本にとっての悪夢が始まる」と日本国民を脅した。その後、地面に横たわった後藤さんの遺体と見られる映像が映し出された。後藤さんが発言する場面はなかった。  男は1月20日の最初の映像に登場した人物と同じとみられる。背景は砂漠とみられるが、20日の映像とは異なっていた。男はカサスベ中尉には言及しなかった。  湯川さん同様、後藤さんも映像以外に殺害を証明する材料はない。ISは過去の人質殺害事件で、遺体を返還するなどしておらず、安否確認を含めた実態解明は困難が予想される。  一連の人質事件は1月20日に表面化。政府はヨルダンやトルコなど友好国に協力を依頼して対応を進めていた。しかし、24日の声明で、後藤さんの解放条件としてリシャウィ死刑囚の釈放を求める一方、死刑囚が釈放されなければ、後藤さんとともに、中尉も殺害すると警告。ヨルダン政府は、中尉と死刑囚の身柄交換には応じる姿勢を見せていたが、ISは交渉が決裂したと判断した模様だ。  ヨルダン政府としては、ISの要求通りに死刑囚を釈放しても、中尉を奪還できる保証はなかった。米軍主導の有志国連合による対IS空爆に参加するなど、過激派対策を推進する立場もあり、後藤さんとの交換による死刑囚釈放を拒否した模様だ。  一方、ISは当初要求していた2億ドルの身代金奪取や死刑囚の奪還には失敗したが、一連の脅迫によって存在感を誇示することに成功した。  ISは1月20日、後藤さんと湯川さんを拘束している映像を公開し、日本政府に対して「72時間以内に2億ドルを支払え」と要求した。24日には「湯川さんを殺害した」と主張して遺体とみられる画像を公開。身代金の要求を取り下げ、リシャウィ死刑囚と後藤さんの「捕虜交換」を要求した。さらに27日には死刑囚を釈放しなければ、24時間以内に後藤さんとカサスべ中尉を殺害すると脅迫。29日日没までに、死刑囚をトルコとIS支配地域の境界に連れてくるよう求めていた。  湯川さんは昨年7月にシリア入りした後、同8月にISに拘束された。軍事関連の経験を積むのが目的だったとされる。後藤さんは昨年10月旧知の湯川さんの救出や取材目的でシリア入りし、「IS支配地域に向かう」と友人に伝えた後、消息を絶っていた。毎日新聞 2月1日(日)6時28分配信

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved