川内審査、やり直し求める=地震学者ら意見陳述-規制委

 原子力規制委員会が九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の審査で事実上の合格と判断したことを不服として、異議を申し立てた住民らが21日、原子力規制庁で意見陳述を行った。住民側は審査のやり直しを求めた。  意見陳述は地元の薩摩川内市民や地震学者ら15人が出席し、非公開で行われた。  終了後に記者会見した石橋克彦神戸大名誉教授(地震学)は、地震の審査が不十分だったと指摘。想定する地震の揺れが過小評価された可能性があるとして、「審査は無効でやり直すべきだ」と批判した。(2015/01/21-22:37)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved