風刺画掲載 ニジェールでは混乱続く

フランスの新聞社が襲撃事件のあと初めて発行した新聞でイスラム教の預言者の風刺画を掲載したことに対して、西アフリカのニジェールでは、暴徒化したデモ隊と警察が連日激しく衝突して死者が出るなど、混乱が続いています。

西アフリカのニジェールの首都ニアメーで、17日、襲撃を受けたフランスの新聞社「シャルリ・エブド」がイスラム教の預言者ムハンマドを描いた風刺画を掲載したことに抗議して、イスラム教徒の若者らおよそ1000人がデモを行いました。現地からの報道によりますと、デモ参加者の一部は暴徒化し、おのや棒などを持って暴れるとともに、キリスト教の教会少なくとも8つに放火したということです。デモ隊と警察の間では激しい衝突も起き、警察側が催涙弾を発射する事態となっており、これまでに少なくとも3人が死亡したということです。ニジェールでは、前日の16日にも第2の都市ザンデールで抗議デモが拡大し、フランスの文化センターなどが焼き払われて警察官など4人が死亡しています。連日の激しい衝突を受けて、ニジェールのフランス大使館では、現地に滞在するフランス人に対して、警戒のため屋内で待機するよう呼びかけています。預言者の風刺画掲載を巡っては、イスラム教徒が多い中東やアジアの国々でも抗議の声が高まっていて、混乱の拡大が懸念されています。

仏大統領「シャルリ・エブド」を擁護

フランスのオランド大統領は、17日、フランスの新聞「シャルリ・エブド」がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことに対する抗議デモがアフリカや中東などで広がっていることについて、「こうしたデモはフランス国民が表現の自由をどれだけ大切に思っているかを理解していない」と述べて、懸念を示しました。そのうえで、「表現の自由はフランスにとって原則であり、基本的な価値だ」と述べて、「シャルリ・エブド」を擁護する立場を示しました。1月18日 7時49分NHK NEWSWEB

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved