自爆犯は「ロシア人妊婦」=トルコのテロ、深まる謎

 【モスクワ時事】トルコの最大都市イスタンブール旧市街で年明けに起きた自爆テロ容疑者の女をめぐり、謎が深まっている。「北カフカス地方出身のロシア人」と報じられているが、ロシア当局は確認していない。 パリ連続テロに世界中が震撼(しんかん)する中、ロシア当局は「テロ対策に不備がある」と批判されないよう、神経をとがらせているもようだ。 トルコからの報道によると、女は20代のディアナ・ラマザノワ容疑者とされる。6日に警察署内で自爆し、警官1人が死亡した。妊婦だったと伝えられ、犯行の動機などは闇の中だ。背後でイスラム過激派が関与していた可能性も指摘される。(2015/01/12-14:50)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved