柏崎刈羽再稼働「来年7月以降」=料金再値上げは見送り-東電

東京電力は16日、原子力規制委員会の適合性審査が続いている柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働時期を、「2015年7月以降」に先延ばしする方針を固めた。東電は柏崎刈羽原発の再稼働を収益改善の切り札と位置付け、従来計画では今年7月から順次再稼働することを想定していた。ただ、15年3月期はコスト削減で1000億円超の経常黒字を確保できる見通しとなったため、電気料金の再値上げは当面見送る。17日に正式表明する。(2014/12/17-01:04)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved