ブラジルで風力発電=車14万台生産相当量-ホンダ

【シャングリラ(ブラジル南部)時事】ホンダは26日、世界4位の自動車市場があるブラジルで風力発電所を稼働させた。同社の現地での四輪車生産(年間14万台)に必要な電力に相当する約9万5000メガワット時を発電する。ブラジルの自動車業界としては初の取り組みとなる。約1億レアル(約47億円)を投じ、南部リオグランデドスル州シャングリラ市に風力タービン9基を建設した。二酸化炭素(CO 2)排出量の削減が可能になるほか、公共の電力網に送電することで、サンパウロ州にある工場の電気料金を40%~45%削減できる見通しだ。今後、風力発電所の増設も検討する。ホンダは2020年までに、同社自動車の世界でのCO2排出量を00年比で30%削減する目標を掲げている。(2014/11/27-09:45)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved