薩摩川内市、再稼働に同意=市長が表明、議会採択-鹿児島

九州電力川内原発(鹿児島県)の再稼働をめぐり、地元の薩摩川内市議会は28日、臨時議会を開いた。再稼働について賛成、反対それぞれの陳情を審議し、賛成の陳情を採択した。市議会の判断を受け、岩切秀雄市長は同日午後、再稼働に同意を表明した。地元の同意手続きの焦点は、県議会と伊藤祐一郎知事の判断に移る。臨時議会では、川内原発の再稼働に賛成する議員が「福島事故を教訓にした新基準に適合したと判断された。原発は必要不可欠」「産業経済の発展、雇用の確保などにつながり、合理的なリスクとして受け入れなければならない」と主張した。一方、反対する議員らは「誰が最終的に再稼働にゴーサインを出すのか、責任の所在が明らかになっていない」「市民が意思表示できる機会を作っていない。住民説明会でも不満や怒りの声が後を絶たず、結論ありきだ」と訴えた。傍聴席からは怒声や拍手が起こり、議長が退場を求める場面もあった。市議会は定数26人で、再稼働に賛成の陳情は議長と欠席、棄権の各1人ずつを除く23人中、賛成19人、反対4人で採択された。(2014/10/28-13:51)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved