北大生、イスラム教に入信=モスク通い渡航準備-「就職うまくいかず」・警視庁

イスラム過激派「イスラム国」に戦闘目的で加わるためシリアへの渡航準備をしたとして、警視庁公安部が北海道大の男子学生(26)=休学中=らの関係先を家宅捜索した事件で、男子学生がイスラム教に入信していたことが8日、捜査関係者の話で分かった。公安部は男子学生の関係先からイスラム教関連の書籍なども押収しており、詳しい入信の経緯などについて調べている。捜査関係者などによると、男子学生は東京・秋葉原の古書店に張り出された「勤務地シリア」と書かれた求人広告を知り、応募。古書店関係者を介してイスラム法学専門の元教授と知り合った後、イスラム教に入信したとみられる。男子学生は杉並区内のシェアハウスに滞在。都内のモスクに通い、アラビア語のほかイスラム教についても学んでいたという。捜査関係者によると、男子学生は任意の事情聴取に対し、「シリアに入ってイスラム国に加わり、戦闘員として働くつもりだった」と話す一方で、「就職活動がうまくいかなかった」とも説明しているという。(2014/10/08-05:06)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved