総被ばく線量、大きく減らず=13年度の福島第1作業員-規制委

原子力規制委員会は24日、原子力施設における2013年度の作業員被ばく状況などをまとめた報告書を公表した。事故対応が続く東京電力福島第1原発の作業員の総被ばく線量を示す集団線量は77.44人・シーベルトで、12年度と比べて2%弱の減少にとどまった。報告書によると、13年度に福島第1原発で被ばくした作業員は東電社員で延べ1693人、協力企業従業員らが同1万3053人に上った。個人で最大の被ばく線量は東電社員の41.9ミリシーベルト。平均被ばく線量で見ると、東電社員は3.2ミリシーベルトだったのに対し、協力企業従業員らが5.5ミリシーベルトと上回った。規制委事務局は「まだ下げられる余地があると思うが、東電の被ばく対策が不十分なのではないか」と指摘している。(2014/09/24-16:07)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved