高浜原発、防潮堤かさ上げ=津波想定で計算ミス-関電

関西電力は8日、原子力規制委員会で審査中の高浜原発3、4号機(福井県)について、津波の想定高さに計算ミスがあり、防潮堤を2メートルかさ上げする必要が生じたことを明らかにした。工事には数カ月かかるとみられ、再稼働の時期は見通しが立たない。関電によると、原子炉内の冷却水を除熱するため使った海水を海に戻す放水路は、津波の高さを最大4.4メートルと想定していたが、計算ミスが判明。再計算したところ、同6.2メートルとなった。排水用ポンプなどを守る防潮堤は高さが海抜6メートルのため、同8メートルにかさ上げするという。海水を取り込む取水路でも、防潮ゲートの高さに余裕を持たせるため、6.5メートルから8.5メートルにかさ上げする。高浜原発は想定する地震の揺れ(基準地震動)が九州電力川内原発(鹿児島県)に続いて固まっており、再稼働の2番手候補となる可能性がある。(2014/08/08-19:00)時事ドットコム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved