パッキン欠損が原因か=浄化装置の機能低下-福島第1 時事ドットコム 2014/04/09-20:56

東京電力福島第1原発で汚染水から放射性物質を大幅に減らす装置「ALPS(アルプス)」の1系統で浄化機能が低下した問題で、東電は9日、ろ過装置にある樹脂製パッキンの欠損が原因である可能性が高いと発表した。 東電は、3月27日に白濁水が確認され処理を停止した別系統も同じ原因であるとみて、詳しく調べている。欠損の理由は不明で、いずれの系統も再開のめどは立っていないという。

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved