原発は低炭素、基本計画に追加=もんじゅ、当面存続-自公合意 時事ドットコム

自民、公明両党は24日、国会内で新たなエネルギー基本計画に関する会合を開き、政府案で「重要なベースロード電源」などと表現した原発について、文言を一部修正することで一致した。運転時に温室効果ガスを排出しない原発の性質を強調するため、「低炭素」といった文言を追加する方向だ。 自公両党は、高速増殖炉「もんじゅ」を、放射性廃棄物の量を減らす研究などに使うことを念頭に当面存続させることでも大筋合意した。(2014/03/24-22:26)

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Follow Us
No tags yet.
Search By Tags
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 2013 by Office Nao All rights reserved